SHIN U DESIGN

GUCCI

4824 views
約 2 分

gucci出典:malemodelscene.net
1921年、グッチオ・グッチは、フィレンツェのヴィーニャ・ヌォーヴァ通り(7 Via della Vigna Nuova)に旅行鞄や馬具を取り扱う皮革製品店を創業する。

グッチは「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとする。品質保証を示すために、世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売。グッチオ・グッチの考案した、自らの頭文字をあしらったダブルGのモノグラムが有名となる。

グッチオの死後、息子アルドが経営の中心となり、65年ビットモカシン、68年、レディスウェア、70年代に香水を発表し、ブランドのラインナップを増やしていく。最終的にはグッチオの孫にあたるマウリッツィオの手に渡る。

90年、トム フォードをレディスのデザイナーに抜擢。彼は、ほとんど一人でウェア、アクセサリー、ギフトなど、グッチの11にも及ぶラインのデザインを手がけ、いずれもコレクションは好評を博し、グッチを大きく成長させた。

フォードは、それまでのエレガンスなクラシック路線ではなく、モードを打ち出し、やがて、そのデザインは爆発的な注目を集める。93年には2億ドルだった売り上げは99年には12億ドルまで拡大。
約10年間に渡る大活躍のデ・ソーレとフォードだったが、2004年4月30日付で退任した。

現在はフリーダ ジャンニーニが、グッチのレディース・メンズライン、アクセサリーラインをすべて努めている。

セクシーさの中にフェミニンな要素が含まれるファッションはミラノコレクションでも常に好評価を得ている。
[nggallery id=10]

gucci

GUCCI公式サイト

About The Author

shin-u
文化服装学院卒業、メンズアパレル企業にてSHOPスタッフとして販売キャリアを積み、生産管理の現場も経験。スタートアップ企業にてファッションデザイナー兼アパレルECサイトの店長としてFashionとWebの未来を感じる。現在は都内のWeb制作会社にてデザイナーとしてスキルを磨きながら、クリエイターや経営者の団体である、OneHeArt(ワンハート)Social Art Labo(ソーシャルアートラボ)のメンバーとして目標に向かってクリエイションを続ける。