SHIN U DESIGN

ペイズリーの起源

4640 views
約 2 分

Paisley

ペイズリーとは、一説によると古くは原型は古代ペルシャに見られ、サーサーン朝ペルシャ (224–651) で使われていた。アレクサンドロス3世の遠征によりペルシャにもたらされたともいわれている。

現在の形になったのは、インド北部カシミール地方で17世紀に起った図案で、カシミール柄とも呼ばれている。モチーフは松かさ、パーム(椰子の葉)、糸杉、マンゴー、生命の樹、カシミヤの花もしくはマンドゥ・インディアンパインなどの説があるが、1年中枯れることのない糸杉の柄で、生命力の象徴という説が有力。いずれにしても形は 「勾玉」。

手織りのショールに使われる事が多かった。

英領インド時代に兵士によりイギリスにもたらされることになる。

1800年頃、ヨーロッパでカシミア・ショールが量産されるようになり、その代表的生産地がスコットランドペイズリー市でだったので、一般的にも 「ペイズリー」 と呼ばれるようになった。この呼称のせいでペイズリーは西洋のものだと思われているが、実は東洋起源のものである。

個人的な好みを言うと柄物の中でも特に好きな柄だ。マスキュリンでありながら、繊細で高尚な印象を与えてくれると感じる。

About The Author

shin-u
文化服装学院卒業、メンズアパレル企業にてSHOPスタッフとして販売キャリアを積み、生産管理の現場も経験。スタートアップ企業にてファッションデザイナー兼アパレルECサイトの店長としてFashionとWebの未来を感じる。現在は都内のWeb制作会社にてデザイナーとしてスキルを磨きながら、クリエイターや経営者の団体である、OneHeArt(ワンハート)Social Art Labo(ソーシャルアートラボ)のメンバーとして目標に向かってクリエイションを続ける。